浮気の慰謝料請求は証拠が必要?証拠の集め方と証拠がない段階でのNG行動を紹介

浮気の慰謝料請求は証拠が必要?証拠の集め方と証拠がない段階でのNG行動を紹介


浮気の慰謝料を請求するためには証拠の提出が必須です。探偵へ依頼することだけではなく、自分でも証拠を探すことは可能ですが、証拠物によっては裁判時により有利にはたらくものも存在します。

有効な証拠か否かの判断は探偵や弁護士に任せるべきですが、家の中でも浮気の証拠になり得るものを探すことはできます。

そこで今回は、家でも可能な証拠の探し方と、証拠がない段階での行動について解説します。一度勘付かれてしまうとその後の行動が制限され、慰謝料の請求も難しく
なる可能性がありますので、抑えておきましょう。

浮気の証拠がないと慰謝料の請求は難しくなる

「パートナーが浮気をしている気がする」
「確たる証拠はないけど相手の行動が怪しい」
「スマホを肌身離さず常に持っていて何か隠してそうだ」

何かしらの理由でパートナーの浮気を疑ってしまったこと、一度くらいなら誰でもあると思います。しかし大抵の場合、それは自分の勘違いや思い込みで、実際に相手は浮気をしてないというケースも多いです。

それでも、勘違いや思い込みではなく実際に浮気をしているというケースもあり、これが結婚後の浮気でしたらそれを根拠に慰謝料の請求をすることができます。浮気の慰謝料というのは、結構高額になることが多く、離婚後の生活の足しにしている人も多いようです。

浮気の慰謝料請求をする際に必要になるのが証拠です。相手が浮気をしているという証拠がなければ慰謝料の請求をするのは難しくなります。相手の浮気の慰謝料請求を行う際は、証拠を集めてからにするようにしましょう。

浮気の証拠を集めるには?

相手がした浮気について慰謝料を請求したいと考えているなら、まずはその浮気の証拠集めをする必要があります。しかも、この証拠集めというのは相手にバレないように水面下で行わなければなりません。

浮気の証拠を集めていることを相手に勘ぐられてしまったら、それ以上証拠を集めるのが難しくなります。証拠を隠されますし、「証拠の写真を撮られたら困るから今までしていた浮気をやめる」という選択をとることも考えられます。

ここでは、相手にバレずに浮気の証拠を見つけ出す方法をいくつか紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみて下さい。

自分で集める

一緒に住んでいる夫婦なら、相手がいない間に自宅で浮気の証拠を探しだすことも可能です。自宅にありそうな浮気の証拠になるものとしては、

・クレジットカードの明細
・レシート
・手紙やメモ
・相手のスマートフォン

これらのものが挙げられます。クレジットカードの明細やレシートは、ラブホテルでの使用だったり、相手へのプレゼントの購入等で残ることがあるので、それを慰謝料請求への証拠として提出することも可能です。

スマートフォンは普段持ち歩くものなので、相手が自宅にいない時にチェックするのは難しいと思いますが、お風呂に入っている間や相手が寝ている間にチェックしてみるのもいい方法だと思います。

・保存されている写真や動画
・浮気相手とのメール等のやりとり
・SNSやブログの内容

スマートフォンに保存されているこれらの情報は強い浮気の証拠となります。できるだけ相手にバレないように配慮しながらこれらの証拠を掴みとってみてください。

弁護士に依頼する

浮気の証拠を掴みたいと考えた時に、弁護士に依頼する人も多く見受けられます。弁護士は、そのまま慰謝料請求をする際に依頼するとスムーズにできますが、浮気の証拠を探している段階では、あまり力になれないかもしれません。

浮気の証拠を探しだす専門家ではないので、「依頼したけど見つけられなかった」ということもあります。それでも弁護士は、職権で証拠になりそうなものの提出を求めることができるので、弁護士へ依頼するのもいい選択だと言えるでしょう。

探偵に依頼する

相手の浮気の証拠を探す際に、一番早く確実な方法は「探偵に依頼する」という方法です。弁護士と違い、探偵は浮気の証拠を集め出すプロです。多くの方法を駆使して、もし相手が浮気をしているなら、その決定的な証拠を見つけ出してくれます。

探偵は、どのような証拠を得たら慰謝料を確実に請求できるのかという術を持っています。浮気をしている人がやりがちな行動もよく理解しています。こういった仕事を長く続けていればいるほど、浮気の証拠を得られる確率も高くなってくるのです。

また、探偵が制作する調査報告書は裁判での証拠にもなります。浮気の慰謝料請求をする際に、探偵は非常に心強い存在になるのです。浮気の慰謝料を請求しようと考えている人や、相手の浮気の証拠を集めたい人は、是非探偵を利用してみて下さい

証拠がない段階でやってはいけないNG行為

まだ、浮気の証拠を掴みきれてない時は慎重に行動しなければなりません。一つの間違った行動で、その後の慰謝料請求ができなくなるということもあるので、注意して下さい。ここでは、証拠がない段階でやってはいけないNGな行動をいくつか紹介していきたいと思います。

感情的になる

浮気をされて喜ぶ人はいません。誰もが悲しむことですし、それが原因で取り乱してしまうこともあります。まだ、確証を掴めない疑惑の段階だからこそ、冷静に対処する必要があるのです。

証拠を得ていない段階で感情的になってしまうのは、絶対にいけないことです。怒りや悲しみはぐっとこらえて、冷静に物事を進めるようにしましょう。

証拠がないのに配偶者を問い詰める

まだ証拠を集めきれてない時に、相手を問い詰めるのはNG行動の一つです。感情的になって、そのまま相手を問い詰めてしまうような人がいますが、それは損しかない行動です。

問い詰められた相手はそれ以降、浮気をやめてしまうこともありますし、浮気相手との証拠を全て消し去る可能性もあります。そうなると浮気の証拠を掴み取ることは難しくなるので、証拠がない段階で問い詰めるのはやめるようにしましょう。

違法な集め方

浮気の証拠というのは、主に裁判で使用します。裁判では、この証拠を「正しい方法で集めたもの」でなければ採用しないケースもあります。要するに、違法な手段で集めた証拠は、証拠として採用されないのです。浮気の証拠を集めるときは必ず違法な手段ではなく、合法な手段で集めるようにして下さい。

まれに、浮気の証拠を見つけられないからといって、相手へ盗聴器を仕掛けたり、反社会勢力の構成員に恐喝の依頼をするような人も存在します。そういう方法は、合法的とは到底言えません。できるだけクリーンに証拠を集めるようにしましょう。

先ほど紹介した探偵が集める証拠というのは、合法的に集めてくれる証拠なので、裁判でも採用される証拠になります。「なかなか証拠を集められなくて困っている」という人は、当事務所への依頼をご検討ください。

まとめ

浮気の慰謝料を請求するための証拠は自分でも探すことができますが、決定的な写真などの証拠は探偵に依頼したほうが確実と言えます。

また、証拠を集めている最中に知らぬ間に法に触れてしまったり、役に立たないものである可能性もありますので、証拠に関する知識をつけておきましょう。

裁判の証拠に関して不安な点や相談があれば、お気軽に当事務所にご相談ください。