探偵の調査費用を安くするカギは依頼者側にある?

探偵の調査費用を安くするカギは依頼者側にある?


浮気調査や行動調査を探偵に依頼する際に高額な料金を払うのではなく、なるべく安く依頼することができるならそのほうがいいでしょう。

今まで探偵を利用して浮気調査を行ったことがある人も、浮気調査を依頼したことがない人も一様に抱いている感情ではないかと思います。

今回は浮気調査を依頼する際になるべく安く依頼を行いかつ浮気調査の成功率を上げるための方法を紹介したいと思います。

探偵の調査費用を安くする方法

探偵に調査を依頼する際に調査費用を少なくするコツとしてはなるべく時間をかけないで調査を終了し、不貞行為の証拠を得ることができるようにすることです。

調査を短期間で安く済ますには依頼者様の手助けも必要になりますので、注意点を解説していきます。

パートナーの警戒心を煽らない

パートナーが浮気を行なっているかもしれないと思った時にパートナーを責める、尋問するといったことは、冷静ではない状況の中ではよくあると思います。
必要以上に問い詰めてしまう気持ちはお察ししますが、この行動はターゲットの警戒心を煽ることになってしまうので要注意です。

ターゲットの警戒心の強い状態で浮気調査を行う際には、複数の探偵で長期間慎重に調査を行う必要性が出てきてしまいます。このように慎重に捜査しなければいけないのは尾行や張り込みの際にターゲットが必要以上に辺りを見回すことで探偵の顔が割れてしまう可能性があるためです。

ですので、ターゲットの警戒心を煽ることのないように問い詰めることなどは興奮状態であっても避けましょう。

自分で調査を行わない

探偵に頼むのと同時に自分でもパートナーの行動などを監視して不貞行為の現場を抑えようとするような行為はおすすめできません。素人の方が単独で調査を行なった場合ターゲットが何か違和感を感じるように調査を行ってしまうことや、依頼者自身の普段の行動がおかしくなるなどのことが原因でターゲットに不信感や警戒心を与えてしまうことが多くあります。

不信感や警戒心を持ったターゲットは注意深くなっており結果的に先に述べたような理由で調査に時間や人数もかかるようになってしまって探偵への調査費が高くついてしまうことがあります。

GPSアプリのインストールや盗聴をしない

パートナーを対象にした調査場合、依頼者は比較的ターゲットの近くにいることが多いのでターゲットのスマートフォンにGPSアプリを勝手にインストールすることや電話の内容を盗聴することも場合によっては可能な状況だと思います。

しかし、ターゲットの同意なく勝手にGPSをつけたり、盗聴を行う行為自体が違法行為であってこれによって得ることのできた証拠や情報は離婚裁判などの際に証拠として採用されることはありません。

またターゲットがGPSアプリや盗聴に気づいてしまった場合、そこまでに行なっていた調査自体が白紙に戻りかねず、そうなると調査費用も最終的には高くついてしまうのでおすすめすることはできません。

情報は多く提供する

探偵に調査を頼む際に費用を安くできる方法としてターゲットについて知っている情報を惜しみなく提供することです。住所や年齢、顔の特徴などだけではなく浮気相手について大体の目星がついているときはその方の情報を提供することが調査の際の費用を少しでも少なくするのに役に立ちます。

このようにたくさんの情報を事前に依頼者から探偵側に提供しておくことで探偵が行わなければいけない調査や事前準備が削減されて調査費を安くすることが可能になることがあります。

延長料金の可能性

浮気調査の場合、ターゲットがいつ不貞行為を行うかがはっきりしておらず本来想定していた時間よりも時間がかかってしまう場合が多くあります。このような時に依頼者は延長をするかの選択を迫られることになります。

延長というのはターゲットが不貞行為を行う現場を撮影することができるまでターゲットの尾行や張り込みを継続するかどうかの判断を依頼者が行うことです。この延長という行為は探偵側で勝手に判断して行うことはありません。

基本的には依頼者が調査のペースを伝えてもらった上で調査が延長に入りそうな場合のみに探偵側から知らされた上で、自分自身で判断することが求められています。

しっかりした探偵社では日常的に依頼者と報告を行いターゲットの状況や依頼の進み具合なども逐一わかるので延長を行うかはこの報告をもとに決めましょう。

まとめ

探偵に依頼してターゲットの浮気調査などを行おうと考えている場合、ターゲットの不信感や警戒心を煽るような行動をすることはなるべく謹み、できるだけ普段どおり行動することを心がけてください。

特にターゲットが男性ではなく女性の場合は依頼者の些細な変化などから違和感を覚え、ターゲットの警戒心を煽ってしまうことになります。

また、調査の際には最初に想定されていた金額よりも延長金の影響で高くなってしまうことも頭に入れておくと良いかもしれません。

現在もしパートナーの行動などを見ていて浮気を疑うような行動があれば実際に探偵に浮気調査を頼むことで、浮気の動かぬ証拠を得ることができ、離婚裁判や慰謝料請求がスムーズに進むことが多いです。

探偵の調査料金は決して安いとは言えませんが、依頼者様のご協力で安く調査を負えられる可能性はあります。また、料金プランもいくつかあり、最適なプランもご提案させていただきますので、ぜひ一度ご相談ください。