浮気調査の方法を解説~失敗しない浮気調査のためにきちんと把握を!

浮気調査を行うと決めたら気になることが出てきます。浮気調査の方法はどのような方法があるのか?また浮気調査はどのように進んでいくのでしょうか?調査方法がわかった場合、どれくらい浮気調査の費用がかかるのかなど詳しく説明していきます。

 

探偵の浮気調査

まずは具体的な相談から

浮気を疑いだしたら身近な人に相談してしまうかもしれませんが、具体的な解決策には繋がりません。そこで、探偵に浮気調査を依頼した方が良いのですが、まず探偵に対して行うことは『具体的な相談』です。

 

具体的な相談とは、

・どのような場合に浮気を疑い始めたのか?

・浮気ではないか?と思う行動や生活について

・これまでの怪しい行動を伝える。(日時や場所等わかっていればなお良い)

・浮気調査の結果、浮気が確定した場合の今後について(復縁、離婚、慰謝料請求など)

 

浮気を疑っているのであれば、その行動や生活面について具体的に伝えることが重要で、怪しい行動は手帳などにチェックしておきましょう。また、レシートやクレジットカードの明細、携帯電話の怪しい証拠などあれば写真にとって保存しておき、それを元に相談してみると良いです。

 

浮気調査を依頼し浮気が確定した場合、今後についても相談をしておくべきです。復縁したいのか?それとも、離婚したいのか?また、慰謝料請求をしたいのか?これらのことを明らかにしておくことで、離婚や慰謝料請求に有利な証拠、効果的な決定的な証拠を集めてもらうよう相談することができます。

 

ただ、なんとなく浮気をされているような気がする…というのではなく、浮気を疑いだしたら普段からチェックをしておくと探偵に相談するときに大変役に立ちます。また、浮気の相談は無料で行っているところが多いので勇気をだして相談してみましょう。

 

次の段階は尾行、張り込み、聞き込み

浮気相談を行ったら、実際に探偵による調査の開始です。具体的な調査は、『尾行』『張り込み』『聞き込み』となりますが、どのように調査をされるのでしょうか?

 

尾行

調査対象者に決してバレないように後をつけることです。たいていの探偵がビデオカメラで撮影しながら尾行するケースが多いです。この尾行によって、誰とどこで会っていたか?どこへ行ったのか?を調査し、記録します。

 

もちろん対象者にバレないよう細心の注意を払って尾行するのは大変ですが、怪しまれないよう行動しながら尾行していきます。尾行する場合は、徒歩、バイク、車などを利用して尾行していきます。そのため、車やバイクの運転技術も求められます。

 

また、GPSを調査対象の車などに取り付け、行動パターンを把握することで、いつどこで浮気相手と会っているのか目星を付けます。24時間365日監視するわけにもいかないので、GPSを使った尾行や後をついていく尾行で行動の把握を行います。

 

行動パターンがわかればさらに尾行を開始し、常に写真を撮ります。キスの写真、手をつないでいる写真など調査対象者にわからずに撮られていきます。

 

張り込み

対象者を監視することを張り込みと言います。対象者が入ったホテルや浮気相手の部屋から出てくるまで監視します。少しでも目を離すと対象者がいなくなってしまう可能性があるため、交代で張り込みをしたり、一人で張り込みの場合はペットボトルでトイレを済ませたり、時にはおむつをしたりとかなり大変な仕事です。

 

この張り込みでは、『肉体的な関係』をもった証拠集めがなされます。キスの写真や手をつないでいる写真だけでは、浮気の決定的な証拠とはなりません。肉体的な関係を持ったかどうかによって、確実な浮気の証拠とされます。

 

そのため、ホテルや部屋で一夜をともにした場合、日中であってもラブホテルに入っていった場合など、入ってから出てくるまでひたすら張り込みます。一夜をともにした証拠があれば、不貞行為をはたらいたと見なされ言い逃れはできないので、とにかく張り込みをします。

 

聞き込み

調査対象者の友人、知人、会社関係の人、近所の方に話を聞いて情報収集する方法です。探偵が調べていると身分を明かして聞き込みする場合もありますが、身分を明かさない場合でも情報を聞き出すことは可能です。

 

調査対象者の情報を収集している者がいると悟られないよう、細心の注意が必要となります。この聞き込みは大変重要な方法なのですが、浮気調査に関してはあまり行われないのが現状です。

 

アフターフォローについて

浮気調査後の相談として多いのが、離婚調停、不倫相手への慰謝料請求、交際中止請求などです。探偵へ浮気調査を依頼し調査結果で浮気が確定した場合、それで終わりではありません。浮気がわかった後の方が大変なことが多いのです。

 

まずは、復縁するのか?離婚するのか?交際を中止するのか?慰謝料請求するのか?など、浮気調査結果の後決めておくことがありますが、調査依頼した探偵の多くは調査のみで放り出さずに、アフターフォローがきちんとしているところが多いので相談してみてください。

 

アフターフォローの具体的な例として、

・浮気調査結果に対して不安を抱いている依頼者へカウンセラーや相談員の紹介や探偵社に駐在させケア。

・離婚問題に強い専門家(弁護士など)の紹介。

・復縁や関係修復の相談、離婚に対する悩みを受け付ける相談を聞く。

・内容証明や離婚協議書の作成ができる行政書士等を紹介。

 

など、浮気が確定して終わりではなく、浮気が確定してからの方がやることがたくさんあります。また精神面でも辛いものがありますので、探偵のアフターフォローは大変重要になってきます。

 

探偵に依頼した場合の費用の相場

浮気調査を探偵に依頼した場合の費用の相場は、どれほどなのでしょうか?

 

各探偵事務所によって費用に違いはありますが、1回の浮気調査で10万円前後から100万円と開きがあります。これには、調査員の人数、調査にかける日数や時間、利用する交通手段や方法、最新機器の利用など諸経費によっても調査にかかる費用はかわってきます。

 

10万から100万と開きのありすぎる話では、相場について納得がいかないかと思いますので、具体的な例をだすと、

 

調査日数:4日間

調査時間:21時間

調査員数:3名

の場合、30万円~70万ほどの金額になります。

 

探偵社によっては上記の金額に、経費が含まれているところもあれば、別途請求の場合もあります。

 

また調査の費用には、各社様々なプランや形態があります。

・成功報酬型

・時間制

・パックプラン

・1時間単位

・1日単位

種類によっても調査費用が変わってきます。

 

これらすべてを一つの探偵社が扱っているわけではありませんが、どのような料金形態になっているか把握しておく必要はあります。(なお、今回提示している金額はあくまで一般的な相場となります)

 

まとめ

浮気調査を行うと決めたら、まずは具体的な相談を行うことから始めましょう。相談後、探偵社へ依頼する場合はきちんと料金形態についての把握、調査方法の把握を行うようにしましょう。

 

東京都中野区にある『総合探偵社ブレイブリサーチ』では、不安な悩みや浮気調査に関する相談を無料で受け付けています。その後、相談者様に最適な調査方法をご提案し、費用のお見積りを提示します。十分に納得されてからのご契約となりますので安心です。

 

パートナーの浮気に悩んでいるなら、まずは無料相談をお願いしてみてはどうでしょうか?