盗撮カメラの種類と設置されやすい場所、その発見方法とは

安心して日常生活を送る上で、盗撮は絶対に見過ごせない犯罪です。しかし、盗撮用のカメラは技術の向上によって小型軽量化が進み、発見することが困難になっています。今回は、盗撮カメラを発見するためのヒントとなる事柄についてご紹介します。

 

盗撮カメラが設置されやすい場所を知る

盗撮カメラの目的には、設置者個人が楽しむ場合と、商業利用の場合があります。どちらにしても、盗撮は絶対に避けたいもの。まずは、盗撮カメラが設置されやすい場所の傾向を知ることで、できる範囲での自衛を心掛けましょう。自宅と外出先で、盗撮カメラが設置されやすい場所をそれぞれご紹介します。

 

自宅で盗撮カメラが設置されやすい場所

まず、気づきにくく隠しやすい場所のひとつが天井です。ピンホール大の穴が開いていても目視しづらく、撮影の際も照明によって映像が鮮明に写ることがその理由です。煙探知器に偽装されている場合もあります。

 

他にも気づきにくい設置場所として、電化製品が挙げられます。電化製品に盗撮カメラを設置することで、盗撮カメラへの電源を確保することができるという利点があります。その上、大型家電製品は場所を移動させることが少ないため、長期間狙った場所を撮影し続けることができます。

 

部屋を問わず盗撮カメラが隠しやすいのは、何気なく置かれている空き箱です。雑多に置かれた空き箱は触れる機会が少ないため発見されにくく、盗撮のための穴が開いていても不自然ではないからです。

 

外出先で盗撮カメラが設置されやすい場所

屋外ではわいせつ目的の盗撮カメラとして、トイレや更衣室、試着室やラブホテルなどで注意が必要です。海水浴場やプールも風景写真や家族のスナップ写真を撮る人が珍しくないため、比較的堂々と盗撮できる場所のひとつといえます。

 

他にも、わいせつ目的ではエスカレーターや階段といった高低差がでる場所も、盗撮の危険があります。エスカレーターや階段での盗撮は手に持ったカメラでの盗撮が中心となるため、設置するリスクや手間がありません。中には、カバンや靴の中に超小型を隠し持っているパターンもあり、発見が難しいのが現状です。

 

わいせつ目的以外では、金品目的としてATMに盗撮カメラが設置されることがあります。ATMの操作を盗撮することで、クレジットカード情報や暗証番号が犯罪集団の手に渡り、悪用されてしまう危険性があります。

 

見覚えのない小物は要チェック!小型カメラが仕込まれている可能性

盗撮カメラは小型化が進んでおり、今ではペンや靴の中など、数cmのスペースさえあれば隠せるほどの大きさになっています。そのように、巧妙に隠された小型カメラを見つけることは非常に困難ですが、まず手始めに見覚えのないものを確認してみると良いでしょう。

 

車のキーレスや、USBメモリ、ペンやライター、メガネ、キーホルダー、ミントケースやたばこの空き箱、ネジ、衣類フックなど、買った覚えのないもの、置いた覚えがない物はありませんか。プレゼントで人からもらったぬいぐるみや、置時計、腕時計やヘッドフォンなども、小型カメラを仕込むことは可能です。盗撮されている可能性に思い至った出来事をヒントに、一度周囲を確認してみましょう。

 

盗撮カメラ発見器を利用する

盗撮カメラを発見するための機材は市販されており、インターネット通信でも購入することができます。盗撮カメラの発見器には「光学式」と「無線式」の2種類があります。「光学式」は、盗撮カメラの光学レンズの反射を見つけることにより、盗撮カメラの設置場所を発見できます。一方の「無線式」は、盗撮カメラが映像を送るために発信している周波数帯をキャッチすることで、盗撮カメラを発見します。ただし、「無線式」の発見器は、有線で映像を送信している盗撮カメラに関しては発見することができません。どちらの発見器も、盗撮カメラの隠し方が巧妙で一般的でない周波数帯であれば、素人では発見は困難といえます。

 

特殊な機材を使わない簡単な方法として、お手持ちのスマートフォンを使う方法もあります。スマートフォンのカメラは盗撮カメラが発する赤外線を捉えることができます。部屋を暗くして、スマートフォンのカメラ越しに室内を観察すると、盗撮カメラがある場所が不審な光点として見える場合があります。

 

業者に依頼する

盗撮カメラはどこにでも隠すことができるため、特別な道具や知識のない素人が発見することは非常に困難です。そこで有効な手段のひとつとして挙げられるのが、業者への依頼です。プロにはプロ向けに販売されている精度の高い盗撮カメラ発見器や、最新の盗撮カメラの事情、経験に基づいた発見のノウハウがあります。さらに、まったくの第三者であり、確実に守秘義務も守ってくれる点も、安心して盗撮カメラ探索を依頼することができる利点といえます。

 

まとめ

盗撮されているという不安は、察するに余りあるものがあります。誰に相談すべきか疑心暗鬼になったり、孤独感を覚えたりと、精神的に非常に消耗する方もいらっしゃいます。そんな状態になる前に、是非「総合探偵社ブレイブリサーチ」にお声掛けください。盗撮カメラ発見のノウハウを駆使して、一日も早く安心できる日を迎えられるようお手伝いいたします。