子どもが家出?!子どもが家出したときの捜索方法

子どもが長い時間帰ってこなかった場合、あなたはどうしますか?「このまま帰ってこなかったらどうしよう」という不安を感じるかもしれません。しかし、ここで考えなければならないのは、なぜ子どもが家出をしてしまったのかということです。

 

今回は子どもが家出をしてしまう原因と捜索方法についてご紹介します。

 

子どもが家出をする心理とは?

子どもが家出をすることと大人が家出をすることでは、深刻度が違います。幼い時期に家出をしてしまった場合、事件性や事件に繋がる恐れがあることをしっかり頭に入れておかなければなりません。

 

思春期を迎えた繊細な時期の子どもであればしっかり話し合い、お互いに人として理解し合うことが必要不可欠です。歩み寄ることができなければ、思春期の子どもは家出を繰り返してしまうといった問題にも繋がります。

 

子どもは家庭に対して安心感を求める傾向にあります。安心できる家かどうかというのは無意識下で判断することが多いため、ほんの少しの違和感でも安心できないと判断してしまう可能性があります。

 

この安心感が得られない家庭の特徴として、両親が不仲といった空気を感じ取ってしまう場合や、子どもに対して放任主義で叱ったりすることが少なかった場合に感じてしまいます。子どもは大人とは違い、自分の感情を相手に伝えることが困難です。

 

そのため「家出」という手段で、心のなかで感じている不安を家族に分かってもらおうとするのです。家出を子どもにさせないためにも、まずは家族の雰囲気や子どもの教育について見直す必要があります。

 

子どもの家出につながる原因

子どもが家出をしてしまう原因は主に二つあります。ひとつめは先述したとおり「安心感」です。ふたつめは認めてほしいといった「承認欲求」です。認められたいと感じる子どもの多くは、家庭内で会話が少ないことや子どもの話をあまり聞かないといったことが原因です。

 

自分のことを分かってほしくて話を聞いて欲しい、といった理由で家出をして興味を引こうとします。このようなことにならないためにも、まずは子どもの話をしっかり聞くことが大切です。また、子どもの意見を頭ごなしに否定した場合も家出の原因に繋がります。

 

大人から見たら子どもの言葉は考えが甘く、心配しすぎた結果すべて否定してしまうこともあります。しかし子どもが自分で考えた結果出した答えをすべて否定していると、承認欲求が満たされずに家出という行動で反発を行うことがあります。

 

承認欲求や安心感が家出した後も改善されない場合は何度も家出を繰り返してしまう可能性があります。家庭や子どもに対する態度についてしっかり話し合い、子どもが安心できる家庭環境をつくることが家出防止に繋がります。

 

子どもが家出をした場合に行く場所とは?

子どもが家出をした場合、幼ければ幼いほどあまり遠くへは行けません。一度家族で行った場所や公園など行ったことのある場所へ足を運ぶことが多いです。子どもが大きくなるほど、友達の家や行動範囲内を歩き回っていることが多いです。

 

また、思春期の子どもは漫画喫茶やゲームセンターなども視野に入れておかなければなりません。時間をつぶせる場所として娯楽施設に行くことはよくあります。しかし最近ではスマートフォンなどを使用して、SNS上で知り合った人の家に行っていることもあるため注意が必要です。

 

家出のはずがSNSを利用した結果、事件に巻き込まれるといったことは珍しくありません。子どもの手がかりを知るために、友人や知人に聞くことも大切です。子どもの私物によく行く場所の手がかりがあるかもしれないのでくまなく探しましょう

 

子どもの家出の特徴を押さえて捜索を

子どもが家出をすると、家出のみならずそのまま事件へと発生してしまう可能性があるため虫害必要です。子どもが家出をしたら、まずはどこへ行きそうなのかをしっかり予測して捜索しましょう。

 

家出をした子どもの多くは「探して欲しい」と考えています。一度家出をした手前、帰るに帰れなくなり結果として遅い時間にそっと帰ってくることもあります。「そのうち帰ってくる」と考えず、何かに巻き込まれる可能性もあるため速やかに探しに行きましょう。

 

万が一帰ってこない場合は、一刻も早く捜査をしなければなりません。しかし警察が子どもの捜索を行うことは少ないといわれています。そこで子どもの捜索をする場合は探偵事務所に相談することが得策だといえます。

 

まとめ

子どもの家出は単純なものではなく、多くの子どもが「認めて欲しい、安心感が欲しい」という欲求のもとで行動してしまいます。子どもの家出を未然に防ぐには、第一に子どもの気持ちを理解し、歩み寄ることが大切です。

 

そのうち帰ってくると考えず、万が一の可能性を考慮して迅速に探し出すことが大切です。子どもが数日帰ってこないといった場合には、なにかに巻き込まれた可能性もあるため、警察や探偵事務所に頼りましょう。

 

しかし警察署は子どもの捜査を行わない可能性があります。特異行方不明者認定されない限り警察は動くことができません。スムーズに捜査を行うには探偵事務所に依頼しましょう。総合探偵社「ブレイブリサーチ」では、子どもの捜査を行っています。

 

子どもの行きそうな場所や特徴を正確に掴み、迅速な対応を心がけています。子どもの行方をどうしても知りたいとお考えの方は、一度ブレイブリサーチにご相談ください。