浮気や不倫の証拠の掴み方とは?注意すべきポイントも説明

妻、あるいは夫の浮気を理由に離婚や裁判に踏み切る場合、決定的な証拠が必要になります。「浮気の証拠」というのは単に仲が良いというようなものではなく、言葉を濁さずに言えば、肉体関係があるかどうかが重要です。このコラムではどんなものが証拠になるのかという点や、証拠集めの際に注意したいことをまとめます。

 

浮気・不倫の慰謝料請求に有利な証拠

メールやSNSのログ

メールやSNSのログは見られない前提で書いていることが多いので、かなり有力な証拠になる場合があります。しかし、「愛している」「大好き」という程度では浮気の証拠とは言えません。明確な性交渉を思わせる記述や、二人で旅行に出かけた証拠などを押さえましょう。

 

写真・動画・録音

写真、動画、音声などもただ寄り添っているだけでは証拠になりません。双方が着衣していないものや、性行為そのものの動画や写真があれば証拠としては非常に有効です。

 

通話履歴

通話履歴は回数だけでは「仕事上の相手」と言われる可能性があり、証拠としての有効性は高くありません。ただし通話が録音出来て性交渉を明確にする会話があれば、有効性は上がります。

 

領収書・利用明細

領収証や利用明細でもっとも有効なのはラブホテルのものです。飲食店では浮気の証拠にはなりませんし、シティホテルのダブルルームでも、「一人で使用した」と言われれば浮気の証拠としては不十分です。

 

探偵事務所などの報告書

探偵事務所なら、その事実さえあれば有効な証拠をそろえることが可能です。ラブホテルへの出入り写真など、一般の方には抑えるのが難しい証拠をそろえることができます。

 

浮気・不倫の証拠を集める際に注意したい点

浮気中はお互いに些細な行動に敏感になりがち

浮気をしている事は相手もばれたくないでしょうから、些細な行動に敏感になることが良くあります。疑っている側はスマホを見ることを考えるでしょうが、浮気をしている側はそれだけは避けたいと思っているでしょう。

 

証拠を押さえたと思ってもすぐに問い詰めない

小さな証拠を押さえたからと言ってすぐに問い詰めるのは得策ではありません。不十分な証拠ではとぼけられて終わってしまう可能性が高く、その後はさらに注意深くなりますから、むしろ悪い結果につながります。

 

証拠を見つけたからといって感情的になりすぎない

例えば性行為の写真など決定的な証拠を見つけた場合でもあまり感情的になってはいけません。感情に任せて暴力をふるったりすれば、自分自身が犯罪者になってしまうこともあり得ます。辛いことでしょうが、まず落ち着いて信頼できる相手に相談しましょう。

 

こんなときは証拠チェックや探偵に依頼

携帯電話・スマートフォンを肌身離さず持つようになった

以前は放置していたスマホを手放さなくなった、ロックが厳重になったという場合浮気が疑われるかもしれません。

 

突然残業が増えた

急に残業や出張が増えたという場合、浮気が進行している合図かもしれません。

 

原因不明の出費が増えた

異性と付き合えば食事代やホテル代などにお金が掛かるので、出費が増えるのはよくあることです。お財布事情には注意しましょう

 

セックスレス傾向にある

セックスの回数が減った、拒絶されるようになったという場合も浮気が進行している可能性があります。

 

まとめ

浮気の証拠をつかむのは一般の人にとってかなり難しいことだと思います。秘密が詰まったスマホを放置する人はあまりいませんし、領収証なども持ち帰ることなく捨てるのが普通でしょう。 どう見ても相手が浮気しているのに証拠が掴めないのでどうにもできない! そんな時こそ探偵の出番です。探偵事務所は浮気調査のプロフェッショナルですから、確かな事実を追求することができます。慣れない調査を自力でやろうとしてかえって事態が悪くなった、などということにならないように、浮気の証拠探しは総合探偵社ブレイブリサーチにお任せください。