旦那が浮気をする原因とは?見抜き方や浮気の防止方法も解説!

結婚した時はラブラブだったのに、数年たつと旦那が浮気しているような気がする、ということはありませんか?このコラムでは旦那が浮気に走る原因を整理し、それを防ぐ方法を丁寧に説明します。浮気の見抜き方や防止方法を知りたい方は、ぜひ最後までお読みください。

 

旦那が浮気をする原因

妻への魅力が感じられない

妻に魅力が感じられなくなったと思う時、男性はすぐ外に目を向けます。特に注意すべきなのは妊娠中や子育て中です。女性は体力を奪われていてオシャレをするどころではないかもしれませんが、旦那は職場などで魅力的な女性を多く目にしますから、少しでも機会がありそうなら不倫や浮気に走ってしまうことがありえます。

 

妻との不仲

妻との関係が悪くなれば、家の外で楽しみや安らぎを求めたくなるのが人間です。そんな時に自分の話を聞いてくれる女性がいたりするとそちらに気が向いてしまうのです。

 

夜の営みを拒否される

性行為を拒否されるというのも浮気の大きな原因になります。それが妻の側の育児疲れからくるものであっても、浮気につながることはあり得ます。 男性にとっても自分の妻子が大事なのは間違いないので、産後日が浅い時には無理は言わないでしょう。しかし、女性が産後に性欲などとても湧かないという時でも男性の性欲は変わりません。妻が体調不良を我慢して無理に応じないといけないのか?というのもシビアな話ですが、相手も我慢していることは理解して、まずは良く話し合いましょう。

 

単身赴任などの寂しさを埋めようとする

単身赴任や長期出張などが続けば、精神的寂しさや身体的欲求が募りますから、どうしても誘惑に負ける可能性が上がります。

 

旦那の浮気を見抜くには?

残業の理由や残業代をチェックする

浮気が形として現れるのは、急に残業が増えた時などです。実際には残業などしておらず、浮気相手と会っているだけかもしれませんから、残業時間を聞いておき、給与明細などで確認するなど注意を払いましょう。

 

財布の中身などをチェックする

浮気が現実化していれば出費も増えるはずです。スマホなどは相手が一番チェックを警戒をしているアイテムなので、あえてそれよりも警戒心が薄いであろう財布を確認することは有効です。現金の減り具合や不審なレシートなどがないかを確認するために、時々財布チェックをしましょう。

 

普段の振る舞いと違うところがないかチェックする

浮気が進んでいれば、行動面での違いが出るということはよくあります。急に身なりを気にするようになった、性行為を要求しなくなったなどは顕著な例ですが、人によっては急に優しくなった、ということもあります。これは外で性欲を処理して満足感を得ていることや罪悪感の裏返しという場合もあります。

 

旦那の浮気を防止する方法

しっかり一人の男として扱う

「旦那」として見られるよりも「男」として見られたい、と思うのは男性の心理です。いつでもしっかり男として扱い、プライドをむやみに傷付けないようにしましょう。

 

少しのことでも褒めたり、感謝の気持ちを伝える

リスペクトされているという認識を男性は求めています。小さなことでもいいので褒める、ありがとうと口に出して伝えるなどを忘れないようにしましょう。また、男性のプライドを保つ方法の一つとして、他者がいる時に旦那のことを褒めるというのも有効です。妻に褒められるうえに外部の人にもそれを告知してくれるというのは非常に嬉しいことです。

 

自分の身なりを気遣う

それなりにオシャレに気を使うのも重要です。家にいるからと言って雑な格好ばかりしていると旦那には「妻はもう女性ではない」という意識を持たせてしまいます。

 

まとめ

上記のような努力で浮気が回避できれば言うことはありません。しかしどうも旦那が浮気をしている気がするという場合、自分でそれを突き止めるには限界があります。そんな時は探偵に浮気調査を依頼するのが適切です。 しっかり証拠を押さえた上で、離婚や賠償金を要求するのか、単に浮気をやめさせたいだけなのか、そのような希望もお話しください。総合探偵社ブレイブリサーチなら、その目的に合う調査をしっかりと行います。