妻が浮気をする原因とは?見抜き方や防ぎ方を教えます

「妻の浮気」というと、「思い当たる」という人と「ウチには関係ない」、と思う人に分かれると思いますが、ある調査では、不倫経験がある女性が55%を超えるという驚異的な数値があります。

 

つまり半数以上の女性が経験しているわけですから、それはどこで起こっても不思議ではないということです。このコラムでは妻が浮気に走る原因や、それを防止する方法をまとめていきます。

 

妻が浮気をする原因

旦那の魅力が感じられなくなった・もっと魅力的な人を見つけた

最初は恋愛を経て結婚した二人でも、時の流れやさまざまな現実に直面することで、熱が冷めるのは防ぎにくいことです。旦那に魅力を感じられなくなった時に、他に魅力的な男性が現れたりすると心がそちらに傾いてしまうというのはよくあることです。

 

不仲であったり、仲が良くても夜の営みを拒否される

夫婦間でケンカやトラブルが絶えなかったり、ケンカは無くても性的な関係がなくなっていたりすると、誰しも他の場所に安らぎや喜びを求めることもあるでしょう。

 

女性として扱われなくなった

家では「妻」としか扱われなくても職場ではそれなりに女性としての扱いを受けている、というケースは少なくありません。そうなると「女性としてみてくれる人といるのが楽しくなる」というのは何ら不思議なことではありません。女性は「妻」ではなく常に「女性」として見られたいのです。

 

妻の浮気を見抜くには?

最近、突然オシャレになった

誰しも気になる人がいれば良く見られたいと思いますから、急にオシャレをするようになった、服装の趣味が変わった、という時は要注意です。持っている服の中で工夫している程度ならまだしも、オシャレにかける費用が明らかに上がった場合はかなり疑わしい状態です。

 

一人での外出が多くなった

以前は夫婦で出かけることが多かったのに最近なにかと一人で出かけるという場合、既に不倫が進行している可能性があります。

 

下着が増えたにも関わらず、夜の営みを強く拒否される

下着が入っている衣装ケースなどは時々チェックしてみましょう。明らかに数が増えているのに、自分との性交渉は減っている、あるいは拒否される、となるとかなり決定的です。下着を見られるような状況が性行為以外ありえないのは言うまでもないでしょう。

 

妻の浮気を防止する方法

女性として丁寧に扱い、寂しい思いをさせない

妻に浮気されたくないと思うのであれば、女性として丁寧に扱うことを心がけましょう。服装や姿を褒める、家事や気遣いに礼を言う、時にはオシャレな店で食事をしたり、欲しいものを買ってあげるなどの日々の積み重ねが大切です。女性の中には「かまってもらえないと寂しさを募らせる」という方も少なからずいらっしゃいます。これを防ぐには「自分は大事にされている」という意識を持たせることです。

 

セックスレスを防ぐ

どれほど仕事が忙しくても、ある程度の頻度でのセックスは必要です。それもただ数をこなすのではなく、「愛されている」と思わせるような行為に勤めましょう。性癖はそれぞれですから、相手が望むことを正直に聞いたりすることも重要です。自分だけ気持ちよくなって妻を満足させない、などということは絶対に避けましょう。

 

自分の身なりを気遣う

家で雑な格好しかしない、体形や身だしなみに気を配らなくなった、というのも危険です。女性は平均的に男性より身なりが気になりますから、せめて一緒に出掛ける時はきちんとキメる、体形を保つ努力をするなども必要です。

 

まとめ

上のような努力をしても妻が浮気しているようだ、という人はどうしたら良いでしょう? 直接聞くのも方法のひとつですが、「していない」と言われればそれまでですし、それが関係を壊す原因になることもあります。

 

「まず事実を知りたい」という方は、浮気調査のプロである探偵に相談してみてください。総合探偵社ブレイブリサーチなら、確かな技術と豊富な経験で丁寧な調査を行います。